車を廃車する時の永久抹消登録って?

手続きは運輸支局で行われます

廃車の方法の一つに永久抹消登録があります。読んで字のごとく永久に登録を抹消することになるので、この申請を行った車両をもう一度使いたいと思ってもそれはできません。そもそも、対象となる車両の解体が確認されてから永久抹消登録が行われるので尚更不可能ということでもあります。

 

永久抹消登録の流れとしては、まず当該車両をしかるべき解体業者に引き渡します。その際は、ご自身で運転して持って行けば費用を安くできますし、仮に車両が走行不能状態だったとしてもレッカー車を依頼して取りに来てもらうことができます。車の引渡しを済ませたら解体業者から「使用済自動車取引証明書」という書類を受け取ります。これに記されている移動報告番号と解体業者から通知される解体報告記録日の記入が永久抹消登録の申請には必要になりますので大切に保管しておいてください。

 

次に、その他必要な書類を揃えます。自動車検査書、自動車税納税証明書、所有者の印鑑証明書、ナンバープレート二枚、申請書、手数料納付書(無料だが必要)、印鑑を用意してください。

 

後は、所定の運輸支局に赴きこれらを提出して永久登録抹消の手続きを行います。これで永久登録抹消の手続きは終わりですが、状況によっては上記のように申請を行えない場合があります。具体的には、車の所有者がご自身と異なる場合やローンが残っている車を廃車にする等がありますが、それらについては後述をご参照ください。