廃車する時の業者選びの基準は?

廃車する時の業者選びの基準は?

廃車をする業者はどこも同じ?

 

廃車をする時はどのように業者を選んでいますか。
一見すると解体業者はどれも同じようなもののように見えますし、どこも同じようなことをしているという印象を持っているかもしれませんが、全て同じような方法で解体している訳ではありません。
これまで長いこと乗ってきた大切な愛車の処分を任せるのですから、大切に処分してくれるような業者を選びたいですよね。

 

業者の選び方

 

@ほぼ全てをリサイクルしている業者
リサイクル法が施工されてからは、80%以上のパーツがリサイクルされているのですが、80%近くしかリサイクルに回されていない業者とほぼ100%のリサイクルをしている業者があります。
これだけ聞くと、立った20%くらいしか差がないんだったら、どっちでもほとんど変わらないのではないかと思うかもしれませんが、20%の5台分というと100%になり、車1台分も変わることになるのです。
日本では、1年に約400万台の車が廃車になっていると言われていますので、1台1台が全てリサイクルされるのと、80%にしているのとでは大きく差が開いてしまいます。
しかも、リサイクルしている分が多くなるほど、引き取ってくれる時の価値も高くなりやすくなりますので、より高く売れる可能性もあるということです。
環境にも良いですし、これまで乗ってきた愛車が再度リサイクルされるなどのメリットもあります。
業者を探す時は、必ず解体業者の公式ホームページやパンフレットなどを確認してみてください。

 

A車を積み上げていない業者
道を歩いていると、時々車を大量に積み重ねているようなところを見たことがあると思います。
そんなことをしている業者に大切にしていた愛車を任せてしまうと、そこを通った時に自分の車がボロボロになって、放置されている姿を見てしまうかもしれません。
そんな姿を見るとすごく悲しい気持ちになりますよね。
仮に積み上げていたとしても、すぐにリサイクルをしてくれるような業者に愛車の廃車を任せてください。

 

B海外に輸出している業者
日本の車は非常に優秀で、乗らなくなった車にも使えるパーツがいくつか残っており、解体業者はそれを海外に輸出していることがあります。
日本国内では使えないと判断されたパーツでも、海外ではまだまだ使える宝のように扱われるケースもあります。
もし、解体業者を選ぶ時には、パーツの一つ一つを大切にしていて、海外へ輸出しているような業者を選びましょう。

 

 

業者を選ぶ時、上記の3点を意識して選べば、あなたのかつての愛車を丁寧に廃車処分してくれる業者に依頼できるでしょう。