相続した車 廃車方法

相続した車の廃車方法

相続した車を廃車にするには、その車を正しく相続し、廃車手続きを行わなければなりません。自動車というのは立派な一つの資産です。土地や不動産と同じように車を相続する際には所定の手続きが必要になります。

 

まず、資産の分配を決定することを遺産分割協議と言い、結果どなたが相続をすることになったかや他の相続人の承諾が記載された書類を遺産分割協議書と言いますが、これは遺産を相続する権利がある方全員が参加し承諾しなければ意味を持ちません。例えば、事故などで損傷が激しく引き取り手のない車をご自身で相続し廃車の手続きを行おうと思っているのに相続人の一人が故人の思い出の詰まった車を廃車にすることを良しとせず相続や廃車に同意をされない場合、その相続人の承諾が得られるまで相続の手続き及び廃車の手続きを行う事は出来ません。相続の際には客観的な資産価値がゼロに等しいかどうかは全く関係ないのです。もし、その方の意向を無視し勝手に車の売却や廃車手続きを行なえば、それは違法となります。必ず、相続される方全員の承諾を得たうえで手続きを進めてください。無事、全員の承諾が得られた場合、以下の書類を用意してください。

 

正しく記載がされた遺産分割協議書、またその相続人全員の被相続人との続柄を示す戸籍謄本、印鑑証明書と住民票。これに、2、3で説明した必要書類を加え地域の運輸支局に提出すれば相続した車を廃車にすることが出来ます。