車の廃車に必要な書類は?

車の廃車に必要な書類は?

車を廃車する時には、色々な手続きも必要になってきますが、書類なども必要になります。

 

廃車する方法によって、必要書類が変わってくるので、事前に調べていく必要があります。

 

一時抹消登録の際には、まず自動車検査証が必要になります。車検書に記載されている住所と現在地が違う場合には、

 

住民票などの証明できる書類が1通必要になります。

 

他には、印鑑証明書と申請書、手数料納付書、などが必要になってきます。印鑑証明は軽自動車の場合には必要ありません。申請書や手数料納付書

 

などは陸運局に行けばあるので、行ってから書き込むと良いでしょう。

 

その他にも事前にナンバープレートや実印なども持っていく必要がありますし、代理の人が申請を行う場合には、委任状なども必要になってきます。

 

また所有者がクレジット会社になっている場合には、所有者の譲渡証明書、委任状、印鑑証明書なども必要になっているので注意が必要です。

 

永久抹消登録の場合にも、同じような書類が必要になってくるのですが、永久抹消登録の場合には、リサイクル料金の証明書や、解体による廃車の場合には、

 

車検が残っていれば、自動車税の還付が受けられるので、振込み先口座なども必要になってきます。残っていない場合はこちらを参考にしてください。

 

一時抹消と永久抹消では書類もあまり変わりませんが、記入する項目が永久抹消登録の方が多く、判りづらい所もあるので、陸運局では記入方法のサンプル

 

などもあるので、陸運局で書類を記入する事をお勧めします。

 

 

不動車って?

不動車ってなんでしょうか?これは文字どおり、動かすことができなくなってしまった車のことを言います。たとえば事故でフレームまで曲がってしまったり、水害などで完全に水没してしまったりした車などのことです。このような状態になってしまったら廃車にすることを考える人がほとんどなのではないでしょうか?

 

ディーラーで新車を購入するときには、たいていの人は以前に乗っていた車を下取りに出すことになると思います。しかし、ディーラーでは不動車の下取りをしてくれないところが多いんです。下取りに出して新車購入の足しにしようと思っても、逆に廃棄費用で思わぬ出費をしてしまうこともあります。下取りに出された車は業者オークションに出品されるため、ディーラーとしては動くか動かないのかわからない車はあまり買い取りたくはないのです。

 

しかし、諦める必要はありません。中古車買取業者では不動車の買取を積極的に行っているところもたくさんあります。近年、海外では日本車の人気がかなり高まっています。日本車は質実剛健でなかなか壊れないとの評判が多く聞かれます。

 

ですから、日本車を海外で高く売りたいと思っている業者はたくさんいます。また、海外での日本車人気に伴い、車本体だけでなく、車のパーツも合わせて輸出されています。不動車を直すのにはお金がかかりますが、ばらばらのパーツにして海外に輸出するのならほとんどコストもかかりません。また、パーツは国内の整備工場で、車の修理に使われることもあります。不動車からパーツを取れば修理費用が抑えられるので、お客さんの要望で中古パーツを使う修理業者も多いのです。

 

乗れない車であっても大丈夫!絶対に需要はあるので、まずは買取業者に相談してみましょう!意外と高く売れるかもしれませんよ?