廃車費用

合計で2万円以上かかる事も

あなたの車が事故車や水没車、または故障により不動車となってしまったら廃車にすることを考えると思います。

 

しかし、廃車をするのにもタダでというわけにはいかないのです。

 

「廃車」と聞いてあなたはどのようなイメージを抱くでしょうか?

 

なんとなく、解体業者に持って行きそこで完全にスクラップにされて、鉄くずの山にされてしまうようなイメージがありますよね。しかし、廃車とは物理的な意味で車を廃棄するというわけではなく、使わなくなった車に対して行われる「手続き」のことを言うのです。イメージでは車を壊したり、廃棄したりしてしまうことが先行してしまいますが、実はそうではなかったのですね。

 

 

廃車をするのにはまず、各運輸支局に赴く必要があります。

 

運輸支局とは、国土交通省の管轄下にある、クルマの登録事務手続きを行う窓口のことであり、各地方におかれています。この運輸支局に登録されているあなたの車の情報を抹消することが廃車の第一歩と言えます。この手続きは一般的に自動車の「登録抹消」と呼ばれます。

 

まずは自動車の登録を抹消し、その後の売却なり処分なりに向かう一連の流れを「廃車」と言います。その後登録抹消が行われたクルマが解体業者に持ち込まれて廃棄処分されたり、または中古パーツショップなどに持ち込まれた場合は使えるパーツだけを売却し、その後廃棄され、「廃車」が成立したことになります。

 

廃車費用は合計2万円にも!?

 

さて、肝心の廃車を完了するための費用は、一概には言えませんが、登録抹消費用や解体費用などすべて含めて合計で2万円以上はかかってくるといわれています。また運輸支局が住まいの近くにある人は別ですが、たいてい都道府県に1か所程度しか置かれていないので、運輸支局に赴くのも面倒なものです。

 

「廃車にするしかない…」と考える前に、まずは中古車買取業者に相談してみるのも一つの手段です。事故車や不動車でも買い取ってくれる業者はたくさんあるので、まずはインターネットから一括査定を申し込んでみましょう!廃車にする予定だったのに、思わぬ臨時収入が得られるかも知れませんね。