車検切れの車の廃車方法

車検切れの車は移動方法に注意

基本的な手続きは変わりはありませんが、特定の場合は廃車までのアプローチが多少異なることがあります。
頻繁に車に乗るわけでもないので車検が切れてしまった車をそのまま廃車に、という方は少なくありません。やはり、不要となった車を家や駐車場に保管しておくことに得はないのでしっかりと手順を踏んで廃車にする手続きをしましょう。その際、注意点が幾つかあります。

 

まず、車両の解体を依頼する場合、車検が切れていなければご自身で運転して引き渡していただいて構いません。そちらのほうが費用も安く済みます。しかし、車検の切れた車の場合、それを運転することは法律違反であり、6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金が課せられてしまいます。レッカーを頼めばこの心配はありませんので、くれぐれも車検切れの車を運転しないよう気をつけましょう。

 

一方で、車検切の車をご自身の運転で引き渡す方法もあります。それが仮ナンバーの取得です。各市町村役場に必要書類を持参の上、申請を行えば仮ナンバーを取得できます。その際、750円の手数料がかかります。仮ナンバーはあくまでも借用しているものであり返却に期限がありますので、しっかりとそれを守りましょう。
レッカーを依頼する場合も仮ナンバーを取得する場合も費用はかかりますが、レッカーを頼んだほうが手続きの煩わしさを軽減できますし、仮ナンバーを取得する場合は費用が安く済みます。