一時抹消登録って?

一時抹消登録って?

車をしばらく使う予定がない場合に
前回説明した永久抹消登録とは異なる廃車の方法です。こちらは一時的な登録の抹消なので、車両を解体する必要はなく、抹消した車両をまた使いたいという場合、検査に合格すればそれが可能になります。ただ、抹消されている期間内はナンバープレートを返納している状態なので当該車両で公道を走ることは出来ません。

 

申請に必要な書類は永久抹消登録と同様に、自動車検査書、自動車税納税証明書、所有者の印鑑証明書、ナンバープレート、申請書、手数料納付書、印鑑を用意します。ただし、一時登録抹消の場合は手数料350円が必要なので手数料納付書に印紙を貼らなければなりません。

 

永久登録抹消との大きな違いは、車両を解体しなくても良いという点にあります。例えば長期の出張などで車に乗らない場合でも税金は課せられます。よって、一時登録抹消は不在の期間中の税金を支払うことなく、再度車両を利用したいという場合に便利なのです。

 

また、一時登録抹消中に「解体届け」を提出すれば永久登録抹消と同じ状態にすることも出来ます。その場合には、永久抹消登録と同じく「使用済自動車取引証明書」に記載されている移動報告番号と解体報告記録がされた日の記入が必要になります。

 

以上が、一時抹消登録の手続きです。2、3の永久抹消登録、一時抹消登録は共にその作業を業者や行政書士に依頼することができます。それらは当然有料となるので(およそ2000円〜10000円)よく考えた上で判断しましょう。