エンジンがかからない車の廃車方法

動かない車はレッカーで運んでもらう

エンジンがかからない車を廃車にするのは簡単です。エンジンがかからない車でも廃車手続きは行えますし、特に何の対策もしなくて良いからです。当然ですが、自分の運転で解体業者に引き渡すことはできないのでレッカー等を依頼しましょう。

 

多くの方が車を廃車にしようと思う一番の理由は「故障」です。廃車にするということは「その車にもう乗らない」ということだと説明しました。永久抹消登録にせよ一時抹消登録にせよ、それらは無駄な自動車税を発生させないために行います。何故無駄なのかといえば、その車に乗らないからです。そして、何故乗らないのかといえば「故障」しているからです。車が故障等で本来の役割を全うできないなら廃車手続きを行いましょう。

 

しかし、ここで一つ考えなければいけない問題があります。
例えば、もう長い期間その車に乗っていてそろそろ買い替えを考えていた頃に事故を起こしてしまったとします。さらに、その事故によって車が走行不能な損害を負ってしまい車の買い替えを余儀なくされてしまったとしましょう。そういった場合、多くの方が車を修理して下取りに出すより、そのまま廃車にしてしまって新車を購入する方が得だと思うのではないでしょうか。
注意して欲しいのは、事故を起こして走行不能になった車も売れるということです。車のトラブルには何につけ費用がかかります。廃車より、まず買取を考えて業者に査定してもらうほうがいいでしょう。