ローン 残っている車 廃車

ローンが残っている車の廃車方法

ローンが残っている車は所有者留保という形でディーラーやクレジット会社の名義で車検証に登録されている場合があります。その場合、所有者の許可なしに廃車手続きを行うことは出来ません。つまり、ローンが残っている車の廃車手続きを行うには、所有者に所有権解除を承諾してもらわなければなりません。

 

まず方法として、ローン残額を一括で支払うことが挙げられます。ローンを精算しきれれば所有権はあなたに移りますので問題なく廃車手続きを行うことができます。
次に、所有者から特例により廃車の承諾を得られることもあります。例えば、事故等でローンの残っている車が走行不能になり、自動車税などの免除のために廃車をしたい、といった場合には、ローン残額が少額であったり、所有者に相談の上承諾が得られれば廃車手続きを行うことができます。その際には、廃車は絶対条件になります。廃車手続きをする上で解体証明を求められますので、これによって事故による廃車を偽った車の売買などができないようになっています。

 

さらに、ローンを組み替えるという方法もあります。ローンの残額や状況に酔って所有者から所有権解除の承諾を得られなかった場合には、他のローンに組み替え、そちらでローン残額を一括清算することで廃車手続きを行うことも出来ます。
仮にローンが残っていても車検証に記されている所有者がご自身なら問題なく廃車手続きを行うことができるのでしっかり車検証を確認しましょう。