名義が違う車の廃車方法

まず名義を変更しましょう

友人から車を譲り受けた、父や母が乗っていた車を現在では自分が乗っている等の場合、しっかり名義変更をしていないと「使用者」があなたであっても「所有者」があなたではないという状態が生まれてしまいます。もし名義変更をせずそのままの状態を続けていると問題があるのでしょうか。

 

まず、自動車税は車検証に記された所有者に請求されます。例えば、友人が所有していた車を譲り受け車検や自賠責保険の費用をあなたが払っていたとしても、名義変更をしないままでは自動車税の請求はその友人宛に届きます。友人宛てに届くということは支払いの義務が友人にあるということになるので、車を使用していない友人としては困ってしまいます。やはり、その性質から自動車税を友人が支払うというのは適当でなく、支払いを巡って裁判沙汰にまでなってしまうこともあります。

 

また、名義が違う車は廃車手続きを行うことも出来ません。名義が違う、つまり所有者があなたではないということになるので、あなたの判断で勝手に廃車手続きはできないのです。よって名義が違う車を配車したい場合はまず名義を変更し、あなたが所有者にならなければならないということになります。名義変更さえできれば後は所定の運輸支局にて廃車手続きを行うことができます。

 

このように名義が違う車をそのまま保有しているという状態は望ましくないため、車を譲り受けた場合には名義変更を行うことを忘れないようにしてください。