所有者と連絡が取れなくても廃車にできる?

所有者と連絡が取れなくても廃車にできる?

車を預かり、大切に保管していたにも拘わらず、所有者と連絡が取れなくなる、滅多にないことでもありますがこのような事態が起こることもあります。
そのような場合、長期間保管するのも難しくなりますし、場所も取られてしまいますので迷惑に感じてしまうと思います。
もし、所有者と連絡が取れなくなった場合、廃車の手続き自体はできないのですが、車を解体して事実上の廃車にすることはできます。

 

所有者と連絡が取れない時の手続き

 

@書類を用意する
所有者と連絡が取れない時に廃車にする場合、まず必要な書類である車検証と運転免許証のコピーを用意しましょう。
必要な書類はこの2点しかないので、忘れずに手続きをしてください。

 

A引き取ってもらう
書類を用意したら、業者に引き取ってもらってください。
連絡をして時間や場所を打ち合わせれば、その時間に合わせて引き取りに来てくれます。

 

B解体証明書を発行してもらう
業者に買いたいしてもらった後は、解体証明書を発行してもらうことができますので、その証明書受け取って失くさないように保管しておいてください。

 

C必要書類を持って自動車税事務所で手続きをする
車検証のコピーや解体証明書、認印を用意した後は自動車税事務所で手続きをしてください。
手続き自体はそれほど難しくありませんので、確実にこの手続きを済ませておいてください。

 

 

これらの手続きをした後、約5年経つと、自動的に抹消されますので、これで抹消手続きが完了します。