自動車リサイクル料金

自動車リサイクル料金って?

自動車をスクラップにする際に生じる再利用不可能な残骸は埋め立て処分をされてきましたが、近年この埋め立て地の不足による処分価格の高騰や、それに伴う不法投棄の増加を懸念して自動車リサイクル法が考えられました。

 

それに基づいて車に関係する人々に求められるのが自動車リサイクル料金なのです。では、何故車の所有者も自動車リサイクル料を負担しなければいけないのでしょうか。何故、処分に関係する人だけが負担するものではないのでしょうか。

 

今や車は広く世界に普及し、それによってもたらされた交通の利便性は多くの人の生活の助けになっています。一方で、車を運転するということは排気ガスやその処分の方法によって少なからず地球の環境を汚染しているということなのです。自動車リサイクル料金とは車に関わる人全てが自らの行動によって生まれる環境への汚染に対して一定の義務を負うことを表しているのです。例えば、何度も新車に替えたりすれば当然廃棄する車も出てきますが、買い換えれば買い換えるだけ再利用不可能な残骸を生むことになるのでその費用を補填するに見合うリサイクル料を車の購入のたびに支払わなければなりません。

 

また、環境をより汚染する可能性があるという意味で車の大きさ(残骸がより多く出る)やエアコンの有無(フロンガスによる大気汚染)などを考慮して支払うべき自動車リサイクル料金が設定されます。