廃車に必要なリサイクル料金って買取なら返ってくるの?

廃車に必要なリサイクル料金って買取なら返ってくるの?

リサイクル料金とは2005年1月1日に出来た動車リサイクル法によって出来たものです。

 

簡単に説明すると、自動車の所有者車を処分するのに「自動車リサイクル料金」を払わなくてはいけなくなりました。
このリサイクル料金は、新車購入時(2005年1月1日以降購入した新車)や 車検の時 、自動車を廃車する時などに支払います。

 

リサイクル料金を支払うと、リサイクル券が発行されます。車の車検書などと一緒に入っているので、払ったか判らない方は確認してみると良いでしょう。このリサイクル券は、1度払っておけば払う必要は無く、廃車の時もそのまま行う事が出来ます。

 

リサイクル料を払ってしまって、車を買い取りしてもらった場合には、本体の買取価格とは別にリサイクル料の料金を貰うことが出来ます。

 

反対に、リサイクル料金が払われている車を購入する際には、本体とは別に、リサイクル料金を払う必要があります。
ちなみにこのリサイクル料を払った証である、リサイクル券を紛失してしまった場合には、再発行も出来るので、もう一度払い直す必要もありません。

 

リサイクル料は車種によっても違うので、はっきりとした金額は言えませんが、軽よりも普通車の方が高く、エアコンの有無やエアバックの数によっても
料金が変わってきます。軽の場合には7千円から1万6千円位なのに対して、普通車の場合には2万円位が平均らしく、事前にリサイクル料を知りたい場合には、
メーカーのサイトにきちんと載っているので、事前に確認してから購入すると良いでしょう。

 

 

買取とは?

車の買取とは、字の通り、車を買い取りしてもらう事を言います。

 

車の買取は、業者さんに査定を行ってもらい、車を現金化する事を言います。
ディーラーの場合には、下取りという形になりますが、下取りの場合には現金を渡されるのではなく、新車を購入する際に

 

値引きをしてくれるので、新車を買う事が条件になってきます。

 

またディーラーの下取りの場合には、査定金額が低く、ほとんど値段が付かない事があります。ディーラーの下取りの場合には、
ある意味渋々という事もあり、新車を購入してくれるなら・・・という面もあるので、車の買取という面ではあまり向いていないかもしれません。

 

私の知り合いに、ディーラーでの下取りをお願いしたところ、1万円だったのが、一般の買取業者に査定をしてもらったところ、10万円の値段が付いた事があり、車を現金化したいなら、一般の中古車業者に買取をお願いした方がいいかもしれません。

 

大体の目安でいうと、ディーラー買取価格よりも20〜30万円高く買い取ってくれるのが一般の買取業者さんかもしれません

 

また一般の買取業者の方は、ライバルと競ってくれるので、値段を競ってくれ事もあり、思いがけない金額で買取を行ってもらえますし、手元に現金が手に入る点も魅力の一つだと思います。

 

ディーラーでの買取のメリットは安心感と手間がかからないといった事なので、高く車を売りたい場合には、一般の買取業者にお願いすると良いでしょう。