ホンダのシビックが事故により廃車

ホンダのシビックが事故により廃車

ホンダのシビックに乗っていました。マニュアルで加速はいいし、燃費も悪くない。とても乗りやすく気に入っていたのですが、不注意で事故を起こしてしまいました。田舎道を走っていて、隣りに近所のおじいちゃんを乗せていたときに、右から来ている車に気がつかず、直進をしようとしてぶつかってしまったのです。

 

自分の車は右側が大破して右のタイヤ周辺がべっこりとへこんでしまいました。相手は軽トラの人で少し怪我をされました。おまけに助手席に乗っていたおじいちゃんは事故の衝撃で頭を軽く打って、念のため精密検査を受けるという事態になってしまいました。そうした病院にかかる費用も自腹で負担したのでかなり痛い出費になってしまいました。おじいちゃんはなんともなく、相手の人もたいした怪我でもなくて示談は成立し、結局は物損事故として扱ってもらうこともできました。

 

肝心の車の方は修理工場に持っていって見せると、これは修理に40万円かかりますが、それでも治しますか、と尋ねられ、そこまでの価値はないと思っていましたので廃車にしてもらいました。代わりになにか別の安い車を探して欲しいということをお願いして、見つけてもらうことにしました。廃車のための費用は無料で対応してくれました。

 

こうした事故で廃車になってしまうというのは突然であり、なんともあっけなく終わってしまうものだと思いました。事故の精神的な動揺はしばらく続き、ダメージは大きかったのですが、くよくよしてもいられずに、次の車であるカローラが29万円で見つかったのでそのことを喜ぶようにして自分を慰めました。ホンダのシビックは丸5年乗って、高速道路で180キロ出したことがあるほどエンジンが良かったのでただただ残念であり、事故だけはしてはいけないものであると思いました。