高く売れる車種とは?

高く売れる車種とは?

業者が買い取った車は基本的に中古車として市場に出るのですから、そこで売れる可能性が高く利益が出やすいものほど高い値段で取引されるのは当然です。そして、市場で売れる可能性が高いということは人気が高い車ということになります。
注意して欲しいのは「人気が高い車=年式が新しい車」という図式が必ずしも当てはまらないということです。以前は車と言えばセダンやスポーツタイプの車がほとんどでした。しかし時代の流れと共に車のユーザーの嗜好も変化してきおり、近年ではミニバンや燃費性能のいい車が人気を博しています。

 

そのため、買い換えたばかりのセダンタイプの車より10年近く前の型落ちのミニバンのほうが価値が高いこともあるのです。車というのは大切に扱っても、やはり永久に乗ることはできないものなので、買い替えや売却のことも睨んで人気の車種、人気の型の車を買うことも新車購入時の一つの選択肢と言えるでしょう。また、車種によって廃車にかかる費用が異なることも付け加えておきます。(基本的には車体の大きさに比例します)

 

中古市場で人気のある車として具体的なものを挙げると、燃費の良いコンパクトカーですとホンダ・フィットやマツダ・デミオなど、デザインや搭載力の優れたミニバンだとトヨタ・ヴォクシーとノア、日産・セレナなどがあります。これらの車はテレビのCMでもお馴染みですし、街を走っているのもよく見かけます。こういった人気車種たちは買取の上でより高い値段をつけてもらいやすいと言えます。