所有者がなくなった車の廃車方法

所有者がなくなった車の廃車方法

車の所有者がなくなってしまった場合、どのように廃車手続きを行えば良いのでしょうか。
まず、車というのは一つの資産です。所有者がなくなれば車は遺産として扱われるため、きちんとした遺産相続を行い名義変更をしなければなりません。名義変更をしていない状態で車の廃車や売却を行うことは、人の物を勝手に廃車や売却できないのと同じように出来ません。また、亡くなった方の名義のままにしておくことは違法なので迅速にとりかかりましょう。
車の相続のパターンとして、相続する人間が一人か複数かという点があります。

 

相続する人間が一人だけ、もしくは遺言等で誰が相続するかがすでに決まっている場合は通常の名義変更の書類とご自身の戸籍謄本と印鑑証明、また亡くなった方の除籍謄本が必要になります。一方、相続する可能性のある人間が複数いる場合には上記の書類に加えて遺産分割協議書が必要になります。この書類に相続できる可能性がある人全員の承諾がなければ名義変更も廃車、売却は行うことができません。なぜなら、相続する可能性がある人にもその車を所有することが出来るので結果として人のものを廃車・売却することになってしまうのです。

 

また、全員の承諾が必要ということの念押しとして相続人全ての印鑑証明も必要になります。
所有者が亡くなった場合は、きちんと相続の手続きを行いその上で廃車手続きを行わなければならないのです。