自動車税を滞納していても廃車できる?

自動車税を滞納していても廃車できる?

自動車税は廃車処理にどんな影響がある?

自動車税はちゃんと支払っていますか。

 

自動車税は前払い制になっており、支払いを忘れてそのままにしていると、滞納金を請求されることもありますし、最悪の場合、車輪止めをされてしまい、車が使えない状態になることもあります。

 

そんな自動車税なのですが、廃車にする時はどのような影響を与えるのでしょうか。
滞納している人にの中には、滞納している状態だと廃車処理ができないのではないか不安になっているかもしれません。

 

 

自動車税を滞納していても廃車にできる?

結論から言いますと、自動車税を滞納している状態でも廃車の手続きはできます。

 

廃車の手続きをするところ(陸運局)と、自動車税を管理しているところは違っているため、自動車税を滞納しているとしても、廃車の手続きができるという訳です。
全く車に乗らなくなった時などは、仮に自動車税を支払っていないにしても、できるだけ早く廃車処理を行い、車の税金を支払わなくても良い状態にしておくと良いでしょう。
車を廃車すると、所有していないからという理由で自動車税を払わなくても良くなると思う方もいますが、それは大きな間違いです。

 

確かに、廃車にした翌月から自動車税を支払わなくても良くなるのですが、これまで滞納していた分がなくなるわけではありませんので、滞納していた分はしっかり支払っておきましょう。
上記でも触れましたが、滞納したままにしていると、滞納金が発生して、余計に多くのお金を支払わなければならなくなりますので注意してください。
陸運局や軽自動車検査協会には、自動車税事務所があります。
車を廃車にする手続きをしたついでに自動車税を支払えば、楽に自動車税を支払うことができるでしょう。

 

それから、車を廃車にすると自動車税が戻って来ると言われているのですが、滞納している場合は戻って来る訳ではありません。自動車税が戻って来るのは、前払いとして先に支払っていた時だけの話であり、滞納していたら滞納した分を支払わなければなりませんので注意してください。

 

2年滞納すると廃車にできない?

上記では、自動車税を滞納していたとしても廃車にすることはできると説明しているのですが、2年間支払っていない場合は抹消手続きをすることができなくなります。
ですから、滞納している分はせめて1年分は納税し、廃車の手続きができるようにしておきましょう。
ちなみに、抹消手続きはできないのですが、車の解体はできますので、解体だけでも済ませておきたい方は事前に解体をしておきましょう。