他県ナンバーの車の廃車方法

車検所の住所が本籍地と違う場合には書類が必要

他県ナンバーの車の廃車方法について説明します。廃車の手続きは基本的に今まで説明してきたものと変わりません。しかし、他県ナンバーの車を廃車にする際には幾つかの注意点があるので、以下の場合を例にとって考えてみましょう。

 

まず、ご自身の本籍地が東京都であり車検証にもその住所が記載されていて、今は出張で大阪府に住んでいるとします。そこで、東京のナンバープレート、例えば品川、練馬等がついた車両を廃車にしたいという場合、わざわざ東京に帰らずとも大阪府の運輸支局で廃車手続きを行うことができます。ただし、以下の書類が必要になります。
車検証に記載されている住所から現住所に引っ越していた場合、つまり住所変更が一回だった場合には現在の住所地の住民票を提出することで廃車手続きが可能になります。上記の例はこの場合に当てはまり、大阪府の運輸支局で廃車手続きを行うには住民票が必要であるということになります。

 

一方、現住所への変更以外に住所変更があった場合、つまり住所変更が二回以上あった場合には、廃車手続きのために戸籍謄本の附票を提出する必要があります。例を挙げれば、大阪へ赴任する前に名古屋に住んでいたことがある等の場合がこれに当たります。戸籍謄本の附票は本籍地の市町村役場でしか請求することができませんが、郵送にて取り寄せることもできるので遠い地域へ引越しをされた場合は是非覚えておきましょう。