80スープラで単独事故を起こして廃車になりました。

80スープラで単独事故を起こして廃車になりました。

21歳の冬。
免許を取得してから3年、車の運転にもとっくに慣れていた頃の出来事です。

 

友人3人を乗せ、冬道をドライブしていました。
ドリフトやゼロヨンが大好きだった私は、交差点を曲がる時にワザと後輪を滑らせ遊んでいました。

 

しかし、その時はドリフトに失敗。

 

スピンしてしまい、後輪が縁石と電柱にぶつかってしまいました。
後輪はホイールごと潰れドライブシャフトも曲がってしまい、電柱に当たったフロント部分はべっこりと凹み大破。

 

事故現場からレッカーで自宅へ引き上げてもらい、車をどうするか迷いましたが、修理費が50万以上かかると言われたので、そのまま廃車にすることに。

 

廃車手続きは、引取費用がかからず、廃車を買い取っていただける石上車輌にお願いしました。
エンジンは掛かっても自走が出来ない状態だったので、自宅まで引取りに来ていただきました。
廃車手続きには委任状などの書類が必要だったので、引取日までに用意して待ちました。
連絡してからそんなに日数もかからず取りに来ていただき、手早い印象だったのを覚えています。
特にトラブルもなく、買い取っていただいたお金をその場で現金でいただきお取引は終了。

 

今までは廃車にするにはお金がかかると思っていたので、色々調べて見たのですが、廃車でも買い取ってもらえるということを、この時は初めて知りました。
中古車屋や買取業者に相談しても断られていたので、この業者には感謝しています。

 

ずっと乗り続けた愛車だったので廃車にするのは正直辛かったですが、業者の方に「直して乗れるようにするかもしれません」と言われたので、どこかでまだ走ってくれていたらいいな、と思っています。