廃車処理の手続きの流れ

廃車処理の手続きの流れは?

初めて廃車処理をするとなると、やらなければならないことが多くて頭がこんがらがってしまうこともありますよね。そうならないためには、廃車処理をする時の手続きの流れをしっかり把握しておき、整理しておきましょう。

 

廃車処理の手続きをする

 

@必要な書類を用意する
実際に手続きをする前には、どのような書類が必要になるのかをまとめておきましょう。
必要な書類はそれほど多くなく、実印や印鑑証明書、抹消登録申請書、手数料納付書を用意するだけOKです。
用意しなければならない書類は、市役所などで用意しなければならないものもありますが、それ以外だと陸運局で購入することもできます。

 

Aナンバープレートを返却する
ナンバープレートを前面と後ろの部分を外してください。
慣れていない人やナンバープレートの外し方を知らない人は、ナンバープレートの後ろ部分にある封印を外さなければならないなど、難しいこともありますので、陸運局の係員の人にやってもらいましょう。
返却した後は、手数料納付書に返却したことを証明する確認印を押してもらうことができますので、わずれずにやっておいてください。

 

B用意した書類を提出する
ナンバープレートの返却が終わったら、陸運局に@で用意した書類を提出してください。
書類を提出する前には、全ての部分をしっかり記入しているのか、その内容は当たっているのかどうかなどを確認しておきましょう。
何らかの不備が見つかった場合、また書き直さなければならなくなることもありますので、提出する前には必ずやっておいてください。
提出した後、しばらく待っていると抹消登録証明書という書面を渡されますので、その時点で廃車の手続きが完了になります。
ちなみに、一時抹消手続きをした場合は、車をもう一度登録する時や抹消登録する時などに、一抹消登録証明書が必要になりますので、失くさないように保管しておきましょう。

 

C自動車税の抹消申告をする
廃車の手続きが終わったら、近くにある自動車税事務所へ行き、自動車税の抹消申告をしておきましょう。
自動車税の抹消申告は、申告用紙に必要事項を記入して提出すればOKなので、すぐに手続きを済ませられます。
この手続きを済ませておけば、その翌月分からの年度末までの分の自動車税を還付してもらうことができます。

 

廃車処理をする時の手続きと言っても、それほど難しいものではありませんし、やらなければならないことも少ないので、初めての人でもすぐに覚えられるでしょう。
上記の流れを把握しておけば、スムーズに手続きができるようになりますよ。