自賠責保険料は戻ってくる?

自賠責保険料は戻ってくる?

廃車にすると自賠責保険の料金は戻って来る?

 

自動車を購入する時に、必ず加入しなければならない自賠責保険は、廃車の手続きをするとそのままなかったことになるのでしょうか。
自賠責保険は保険会社によって条件や保険料などが異なりますが、ほとんどの場合は2年〜3年程度の契約になっているため、その分損してしまうのではないかと思っている方もいるかもしれません。
結論から言いますと、自賠責保険に支払った分のお金は廃車にした後に返ってきます。

 

廃車にするとどれくらいの自賠責保険のお金が返って来るのか

 

廃車の手続きをすると、自賠責保険はどれくらい帰って来るのかというと、返金手続きをした翌月の分からということになります。
保険の契約期間は上記でも説明したように、2年〜3年となっていることが多いので、余った分を月割にして、余った分だけ返金してもらうことができます。
ここで注しなければならないのは、返金手続きをした日の翌月ということです。
仮に月の初めで返金手続きをした場合でも、その翌月扱いになりますので、月をまたぎそうであれば、できるだけ月をまたぐ前に手続きを済ませておく必要があります。
それから、抹消手続きをした瞬間と言うわけではなく、手続きを済ませておかなければならないという点です。
廃車の手続きを終えてそのままにしてしまうと、車が無くても保険には加入している状態になりますので、保険会社に連絡して返金手続きをしなければなりません。
これをしっかりやっておくことで、自賠責保険のお金を返金してもらうことができるのです。
手続きの仕方に関しては、保険会社に直接連絡をして詳しいことを聞いてみてください。

 

解約する時に必要になる物

 

自賠責保険を解約する時、必要になる書類などは保険会社によって異なります。
手続きをする前には、保険会社に連絡をしてみてどのような書類が必要になるのかを質問し、あらかじめ用意する物をメモして全て用意してから手続きを始めてください。
ちなみに、解約しなければならない保険は自賠責だけではなく、その他にも人身傷害保険や車両保険、自損事故保険、対人賠償保険など様々です。
これらの保険も、車を廃車にするだけでは、自動的に解約になることはありませんので、手続きを済ませる前か、済ませた後には必ず解約の手続きを忘れないようにしましょう。
もし、忘れてしまったらそのまま保険に加入し続けていることになり、余計な費用がかかることがあります。
これらの手続きは忘れずに済ませておいてください。