廃車 自動車重量税

廃車で自動車重量税が戻ってくる?

自動車重量税とは自動車の重量によって課せられる税金で、新車の購入時や車検の際にこれを支払っています。この自動車重量税は次の車検が満了するまでの分を前払いすることになっていますので、その期間が一ヶ月以上残っている状態で廃車手続きを行った場合は払いすぎてしまった自動車重量税の還付金を月割で受け取ることができるのです。

 

ただし、何の手続きもなしに自動車重量税が戻ってくるわけではありません。業者に解体を依頼し、その解体を証明する書類を運輸支局に提出するのと同時に自動車重量税の還付を申請しなければならないのです。廃車の中でも一時抹消登録においては車を解体するわけではないので車検の残り期間の有無にかかわらず自動車重量税の還付はありません。また、自動車を買い取ってもらった場合なども自動車が解体されているわけではないので自動車重量税の還付金を受け取る事は出来ません。

 

また、廃車手続きと同時に行わなければならないので、廃車手続きを済ませてしまった後でこの還付制度に気が付き、遅れて申請を行おうとしても受理されないので注意してください。廃車手続きを行政書士に依頼している場合には事前に自動車重量税の還付の申請を行うように言っておかないと、手数料の関係で還付を申請してもらえない可能性があるので事前にしっかりと相談をしておきましょう。